ラオブリタニア奇中网けがの撤退賽廸メートル無手勝流友軍と合流するマレー(動画)-homefront

ラオさんは怪我をしていますが、怪我をしていませんでした。怪我をしていないことがあります。しかし、このビデオは10月8日前に中国テニスの試合が始まったばかりの3位の決勝戦の中で、今回の準決勝に成功したカナダ人翼のラオ奇を克服したばかりです。昨日の試合で一日のダブル試合のラオ奇が試練に遭った。第2弾は「北アフリカ向け」と対戦していたが、最終的にラオさんは2皿になっていた。その後の試合、ラオブリタニア奇で二時間6 – 4のスコア淘汰纳达尔ダブルスカード莱诺パートナー-ボス塔。ラオさんはこの時間に1時間31分の争奪戦で13個のソースボールを出して、1発の得点率は80 %近くにあります。彼は相前後して製造したろくのブレークポイント、全部で破れカード莱诺-ボス塔さんのサーブ局。これに値するのは、ラオさんが右足を怪我していて、試合中に力が出られなくて、ラオ奇の表現は彼の最高レベルではないと言ってもいいですが、それでも準決勝に進むのは容易ではありません。今日は前田メートルの準決勝で、もともと夜に行われていたが、試合前のラオさんは最終的にけがをしたと発表した。一方、ラオさんは上海に向かうことができるということを示しており、上海の首都圏の大家大会で成功したいと思っています。ラオさんはここ数シーズンの上昇が勢いよく上がっていて、2014年には網の網と自慢が8位になって、パリの大家で優勝し、年末総決勝に突入して、第1弾の総決勝戦の90後の選手になりました。シーズンからカナダの少年がけがを受け、マドリードの大家がけがをした病気の影響は正常に走ることが困難で、マドリードのマスター試合が終わった後、ラオさんは手術を受けて右足の神経を修復することを決め、そのために当時のローマ大師試合と法の網を引退しました。(冬の小麦)

拉奥尼奇中网因伤退赛 迪米不战而胜会师穆雷 小德宣布因伤退出中网无缘卫冕 第七冠被推后 (此视频与原文内容无关,仅供延伸阅读)拉奥尼奇落寞背影腾讯体育10月8日 前一天刚刚在中国网球公开赛男单1 4决赛中,战胜卡莱诺-布斯塔成功挺进本届半决赛的加拿大小将拉奥尼奇,在今天与迪米特洛夫半决赛前宣布因伤退赛。在昨天的比赛中,一天双赛的拉奥尼奇遭遇考验。温网亚军拉奥尼奇对阵“北非一哥”贾兹里,最终拉奥尼奇直落两盘,6-3、6-4拿下比赛,如愿跻身中网八强。随后的比赛,拉奥尼奇用两个6-4的比分淘汰纳达尔的双打搭档卡莱诺-布斯塔。拉奥尼奇在这场耗时1小时31分钟的争夺里轰出13个ace球,一发得分率将近80%。他先后制造了6个破发点,总共破掉卡莱诺-布斯塔3个发球局。值得一提的是,拉奥尼奇右脚伤未愈,比赛过程中不敢发力,可以说拉奥尼奇的表现并不是他的最好水平,但即便如此挺进半决赛实属不易。今天与迪米的半决赛,原本在晚间进行,赛前拉奥尼奇最终宣布因伤退赛。同时,拉奥尼奇表示会前往上海,希望能在上海ATP大师赛上打出佳绩。拉奥尼奇近几个赛季上升势头迅猛,2014年在法网和温网打进八强和四强,获得巴黎大师赛亚军,闯进年终总决赛,成为第一个杀进总决赛的90后球员,毫无疑问,拉奥尼奇的前途一片光明。从上赛季开始加拿大少年受到伤病困扰,马德里大师赛受伤病影响难以正常跑动,被穆雷横扫出局,而马德里大师赛结束后,拉奥尼奇决定接受手术来修复右脚的神经,因此退出了当时的罗马大师赛和法网。(冬小麦)相关的主题文章: